TOP

皆が熱狂する風俗体験談をご紹介!ぜひご覧ください!

川越の街とデリヘル

関東圏埼玉県川越市はかつて小江戸と呼ばれた風情ある街で現在でも蔵造りの町並みを見ることができ、江戸時代に栄えた川越の街を堪能できます。かつて江戸時代に川越街道と呼ばれる江戸に繋がる街道があり、現在の日本橋付近までその道が繋がっていました。その縁でもある川越は江戸の文化も染み込み建造物にもその色が濃く出てきたのではないかと思います。現在でも川越という地名が有名なのもその恩恵が大きかったのではないかと思われます。現在の川越の街は再開発が進み、街として発展しています。川越駅や本川越駅周辺では商店街や駅周辺ならではの店舗が連なる街になっており、美容院が異常に多いことでも有名です。美容院だけでも20店舗以上はあるかと思われます。何故これだけ美容院が多いのかは不明ですが、全国的に見ても川越の美容院の密度や店舗数は屈指ではないでしょうか。様々な特色のある川越ですが、実は風俗業界でもかなりホットなエリアになっているのです。店舗型風俗店はそこまで多くはありませんが、無店舗型風俗店の所謂デリバリーヘルス(デリヘル)店が非常に多いのです。無店舗型ですので店舗を構える必要はなく、事務所となる場所や女性の待機所を確保して、届出書を管轄の警察署へ提出出来れば簡単に運営できてしまうのです。再開発が進む川越の街ですので景観を害す店舗型の風俗店の肩身はどんどん狭くなっています。ですので無店舗型のデリヘルの方が川越の街では都合が良く、外観を害さずに風俗の利用を目的としたユーザーからしか見られることのないウェブ上での集客が基本なので、街からデリヘル店の運営が規制される事はないのです。しかし、ここで少しもったいないなと思う点がありまして、川越駅から徒歩圏で迎えるラブホテルはたった4件しかないのです。もう少しラブホテルが多ければさらに川越のデリヘル業界は激化していたと予想されますし、活気も出てきたのではないかと思います。もちろん現在でも川越のデリヘル店は非常に活気のある運営をしており、各店舗での競争も激しいことが見受けられます。それ以外では国道254号線沿いでは10件以上のラブホテルが点在しておりますので、もしかしたら川越でデリヘルを利用する際はこのエリアを主要として利用しているのかもしれませんね。しかし、川越のデリヘルは豊富なジャンルのお店が多く、飽きのこない印象を与えてくれます。既にデリヘル業界では一般化されている人妻系やコスプレ系はもちろんですが、もっとコアなジャンルのデリヘル店もございますので川越に訪れた際は一度どんなデリヘル店があるのかチェックしてみてください。


ガールズバーとはどういうものなのか

東京に住んでいるとガールズバーを意識させられる場面は多いです。特に多いのが帰宅中です。電車を下りて最寄の駅につくと、たちんぼが目立ちます。立ちんぼとは簡単にいうと客引きです。男性の客引きがいる場合はキャバクラです。女性の客引きがいる場合はガールズバーなのです。キャバクラは女性の質が高い状態に保たれていることが多いのか男性スタッフの客引きでも不満が生まれ難いでしょう。ガールズバーは女性が非常に重要となってくる場合がおおいので、女の子自らが客に声を変えてお店に誘導してお相手をするのでよう。早い話、2つの業種は似ていますがやり方を変えているというビジネスの魅せ方がありそうです。ギャルギャルしい女性キャバ嬢が自ら客引きをしていては近隣住民に文句を言われそうですが、コスプレをした女の子ならば黙認といった雰囲気もあるのでしょう。何にしてもそのコスプレした女の子が可愛ければ問題ないかもしれません。ですが、残念なことに大概の場合はデブっている子がほとんどか、キャバクラでは働けないほどミニマムな女の子がほとんどです。要するに夜のお店界隈で勝負できないようなレベルの女の子がガールズバーには集まっているのでしょう。ですから、ガールズバーで働いている女の子に顔やスタイルなどの容姿面の質を求めても意味はないのです。おそらくは、風俗系のお店やキャバクラ店などとの繋がりもあるでしょうから、良い意味で2軍といった立ち位置な気がします。本気を出して仕事をするならばキャバや風俗でしょうが、そうではない女の子がガールズバーに集まる図式です。また、明らかに学のない女性が多いイメージで金髪・茶髪で不真面目そうな女性がおおいです。ガールズバーは自立支援の学校か何かなのかと勘違いしてしまうくらい、社会性がなさそうな女性で溢れています。いくら何でもガールズバーで働いていれば親御さんに反対されるでしょうから、自由気ままに働いていたり非行気味だったりとさまざまなのでしょうね。そんな女性が集まっているのがガールズバーであるという印象です。


松戸のデリヘルは狙い目!

松戸のデリヘルほど狙い目である地域もないだろうと私は考えています。というのも、松戸は東京都に近いです。近いということは、それなりに質があるということです。質というのは『女性の質』というものではなく『サービスの質』ということです。つまり、質自体はあるのですがそれを体感できるほどの何かがあるかといわれれば非常に難しいです。利用者の考え方次第かもしれませんが、東京に出てしまえば思う存分遊べると考えてしまう松戸市民は多いでしょう。そこに、松戸で遊んでもらえれば安くしますよとはいえませんが、現実的に「東京のデリヘルを利用するよりも満足できるはずです」とお店側も言いたいはずなのです。こういった県境などの事情は全国各地であるもので、地域ごとの差別化を計る為にも必ず必要となっています。松戸や柏も同じで、東京にいくよりもと様々なサービスやキャンペーンなどを打ち出していることでしょう。もちろん自力がなければお店の人気や知名度は上がらないでしょうが、そこそこの評判を貰っている状態ならばお店側も積極的なはずです。松戸のデリヘルは現地で利用できるからこそ良いのであって、他の地域に足を運ぶめんどくささや時間などを考えてのバランスを意識すると良いでしょう。ですので、東京や首都圏等の他の地域のデリヘルよりは若干安くなっているのです。そもそも、全ての面で勝る東京のデリヘルのことを考えるとなかなか真正面から勝負をすることは難しいですが、地域ごとの色が出ていいのかもしれません。松戸は車社会である部分も考慮すると地元で利用した方が派遣対応範囲も広く融通もきくでしょうから便利だと思います。安さが伴ったサービスが標準であると考えると利用して損をするということはないかもしれません。